Loading
◎スペインの『美味しい!!』をお届けするサイト ¡Que aproveche! ケ・アプロヴェーチェ!では、現地スペイン、および、日本国内におけるスペインのワイン&ガストロノミーに関する最新情報をほぼ毎日更新中◎        ◎イベント情報随時募集中!! スペインレストラン、バルの広報担当の方、イベント情報がありましたら、ぜひ、ケ アプロヴェーチェまで!◎        ◎新着スペインレストラン&バル求人情報(2014年8月7日)◎

Resetas

レシピ情報

8月にオススメの旬レシピ:ピクアル種のエキストラ・バージン・オリーブオイルを使った、いちごのガスパチョ

 ピクアル種のエキストラ・バージン・オリーブオイルを使った、いちごのガスパチョ (Foto:Castillo de Canena@www.diariodegastronomia.com)
ピクアル種のエキストラ・バージン・オリーブオイルを使った、いちごのガスパチョ (Foto:Castillo de Canena@www.diariodegastronomia.com)

8月にオススメの旬レシピをご紹介。今回紹介する夏にオススメの旬レシピは、Castillo de Canena カスティーリョ・デ・カネナ社のピクアル種のエキストラ・バージン・オリーブオイルを使った、いちごのガスパチョ。

続きを読む

自宅で手軽に本場スペインの味を再現!?

加瀬まなみさんご提案の ANETO 生ハムスープを使用したアレンジパエリア (r.gnavi.co.jp/ippin/)
加瀬まなみさんご提案の ANETO 生ハムスープを使用したアレンジパエリア (r.gnavi.co.jp/ippin/)

スペイン料理研究家の加瀬まなみさんが、食に精通した様々なキュレーターがよりすぐった逸品を紹介するキュレーションサイト ippin(イッピン)で、スペイン風アレンジ料理とワインにあわせるマリアージュを提案。

続きを読む

2015年オススメのグルメ本

 'El Chef'/Simon Wroe (www.diariodegastronomia.com)
'El Chef'/Simon Wroe (www.diariodegastronomia.com)

スペインでは1月6日にサンタクロースならぬ、東方三賢人が子どもたちにプレゼントを届けにやってきます。(1日遅れになってしまいますが)プレゼントにオススメなグルメ本をご紹介します。

続きを読む 0 コメント

12月にオススメの旬レシピ

12月にオススメの旬レシピ (www.diariodegastronomia.com)
12月にオススメの旬レシピ (www.diariodegastronomia.com)

伝統料理は、世代を超えて継承されます。家庭料理を流行の味に近づける、最先端で実用的なレシピをご紹介させて頂きます。何はともあれ、今新鮮かつ栄養価の最も高い、旬の美味しい食材をつかったレシピをご紹介します。今回ご紹介するのは、Asadillo de Pimientos del Bierzo con Cecina de León ビエルソ産赤ピーマンのグリルのレオン産セシーナ添え。

続きを読む 0 コメント

11月にオススメの旬レシピ

ガリシア産ムール貝 (www.diariodegastronomia.com)
ガリシア産ムール貝 (www.diariodegastronomia.com)

伝統料理は、世代を超えて継承されます。家庭料理を流行の味に近づける、最先端で実用的なレシピをご紹介させて頂きます。何はともあれ、今新鮮かつ栄養価の最も高い、旬の美味しい食材をつかったレシピをご紹介します。

続きを読む 0 コメント

El Bohío エル・ボイオ Pepe Rodríguez ペペ・ロドリゲスシェフの不変のレシピ

Pepe Rodriguez ペペ・ロドリゲス氏の不変のレシピ:ロパ・ヴィエハ (www.diariodegastronomia.com)
Pepe Rodriguez ペペ・ロドリゲス氏の不変のレシピ:ロパ・ヴィエハ (www.diariodegastronomia.com)

優れたレストランのメニューの中でも、時間の経過とともに不変のメニューとなるお料理があります。それが“スペインガストロノミー不変のレシピ”であり、多くの人々に認められ、何年もそれらのレストランの不変のメニューとしてオンリストし続けるのです。

続きを読む 0 コメント

ヘスス・サンチェス氏のセナドール・デ・アモス不変のレシピ

Rabo de novilla en costra de patata con bombón de foie 若牛のテールのじゃがいもの皮包み、フォアグラボンボン添え (www.diariodegastronomia.com)
Rabo de novilla en costra de patata con bombón de foie 若牛のテールのじゃがいもの皮包み、フォアグラボンボン添え (www.diariodegastronomia.com)

優れたレストランのメニューの中でも、時間の経過とともに不変のメニューとなるお料理があります。それが“スペインガストロノミー不変のレシピ”であり、多くの人々に認められ、何年もそれらのレストランの不変のメニューとしてオンリストし続けるのです。

 
 

Jesús Sánchez ヘスス・サンチェス氏  Cenador de Amós セナドール・デ・アモス(カンタブリア)

続きを読む 0 コメント

Moments モーメンツ不変のレシピ:手長海老のコカのジュルヴェールソース

Moments モーメンツ不変のレシピ:手長海老のコカのジュルヴェールソース (www.diariodegastronomia.com)
Moments モーメンツ不変のレシピ:手長海老のコカのジュルヴェールソース (www.diariodegastronomia.com)

優れたレストランのメニューの中でも、時間の経過とともに不変のメニューとなるお料理があります。それが“スペインガストロノミー不変のレシピ”であり、多くの人々に認められ、何年もそれらのレストランの不変のメニューとしてオンリストし続けるのです。

続きを読む 0 コメント

Karlos Arguiñano カルロス・アルギニャーノ氏の昔ながらの“ロスコン・デ・レジェス”レシピ

Karlos Arguiñano カルロス・アルギニャーノ氏の昔ながらの“ロスコン・デ・レジェス” (画像:hogarutil.com/www.diariodegastronomia.com)
Karlos Arguiñano カルロス・アルギニャーノ氏の昔ながらの“ロスコン・デ・レジェス” (画像:hogarutil.com/www.diariodegastronomia.com)

ロスコン・デ・レジェスは、生クリームやチョコレートクリームを使わないものや、最近の創作料理の流れにのって変わった材料をつかったものがあったりと、ここ数年様々な新しいレシピが出てきて様変わりしてきています。しかし、多くの人々にとっては、ロス・レジェス・マーゴスという伝統的なお祭りの象徴のひとつでもある、ロスコン・デ・レジェスは、昔ながらのものがしっくりくるようです。

続きを読む 0 コメント

シラバリオの不変のレシピ:ブレーラ産カツオの網焼きグリルのアホブランコ(ニンニクソース)とトマトのペースト添え

ブレーラ産カツオの網焼きグリルのアホブランコ(ニンニクソース)とトマトペースト添え (www.diariodegastronomia.com)
ブレーラ産カツオの網焼きグリルのアホブランコ(ニンニクソース)とトマトペースト添え (www.diariodegastronomia.com)
優れたレストランのメニューの中でも、時間の経過とともに不変のメニューとなるお料理があります。それが“スペインガストロノミー不変のレシピ”であり、多くの人々に認められ、何年もそれらのレストランの不変のメニューとしてリストアップされ続けるのです。
 
続きを読む 0 コメント

12月にオススメしたいベスト旬レシピ

“カルド(あざみ)のアーモンド添え”  (www.diariodegastronomia.com)
“カルド(あざみ)のアーモンド添え” (www.diariodegastronomia.com)

伝統料理は、世代を超えて継承されます。家庭料理を流行の味に近づける、最先端で実用的なレシピをご紹介させて頂きます。何はともあれ、今新鮮かつ栄養価の最も高い、旬の美味しい食材をつかったレシピをご紹介します。

 

 

スペインのバラエティ豊かな農蓄産物の中でも、12月に最もふさわしい旬の食材として紹介させて頂くのが、ナバーラのカルド(あざみ)(レイノ・グルメ社のレシピをご紹介)、ガリシア産塩漬け肉(IGP(保護指定地域表示)ラコン・ガジェーゴ(ガリシア産塩漬け肉)提供のレシピをご紹介)、そして最後に、ロウレンサ産のソラマメ(ソラマメ・マルチ・センターのレシピをご紹介)です。

 

 

続きを読む 0 コメント

ソリア産ポルチーニとブルゴス産モルシージャのスクランブルエッグ

ポルチーニとモルシージャのスクランブルエッグ (www.diariodegastronomia.com)
ポルチーニとモルシージャのスクランブルエッグ (www.diariodegastronomia.com)

ポルチーニ茸、そして、モルシージャは、それぞれソリア、ブルゴスを代表する最高品質の食材。また、今まさに旬の食材であり、この時期お料理につかうのに正にうってつけの食材です。

 

今回ご紹介するレシピ、ポルチーニとモルシージャのスクランブルエッグは、Restaurante Gran Duque レスタウランテ・グラン・ドゥーケ(ピエドライタ/アヴィラ)のシェフ、María Jesús Díaz マリア・ヘスース・ディアス氏によるもので、カスティージャ・イ・レオンの高品質な産物に対する認定マーク、ティエラ・デ・サボールが提供しているものです。

 

続きを読む 0 コメント

11月にオススメしたいベスト旬レシピ

11月にオススメのしたい旬レシピ (www.diariodegastronomia.com)
11月にオススメのしたい旬レシピ (www.diariodegastronomia.com)
伝統料理は、世代を超えて継承されます。家庭料理を流行の味に近づける、最先端で実用的なレシピをご紹介させて頂きます。何はともあれ、今新鮮かつ栄養価の最も高い、旬の美味しい食材をつかったレシピをご紹介します。
 
続きを読む 0 コメント

マラルバのフラン・マルティネス氏の不滅のメニュー

イカのカネロニのイカ墨ソースがけの生アーモンドとタラの卵添え(レストラン・マラルバ/アルバセテ県アルマンサ) (www.diariodegastronomia.com)
イカのカネロニのイカ墨ソースがけの生アーモンドとタラの卵添え(レストラン・マラルバ/アルバセテ県アルマンサ) (www.diariodegastronomia.com)
『このお料理は、アーモンドの開花シーズンに、田舎道を散歩しているときに思いつきました。アルマンサは、道と道の間にある土地で、馬に乗れば海にでも山にでもいける、いずれにも属さない土地と言われます。そのため、このお料理は海のフレッシュさのイメージに、早生収穫した生アーモンドを付け加えました。海の幸であるイカの甘みに、陸の幸であるアーモンドの苦みを加え、柔らかさとパリパリっとした食感のコンビネーションを楽しめる一品です。』 

 

続きを読む 0 コメント

10月にオススメしたいベスト旬レシピ

10月の旬レシビ:ロドサ産ピキージョ種赤ピーマンのカタクチイワシ詰め(www.diariodegastronomia.com)
10月の旬レシビ:ロドサ産ピキージョ種赤ピーマンのカタクチイワシ詰め(www.diariodegastronomia.com)
 伝統料理は、世代を超えて継承されます。家庭料理を流行の味に近づける、最先端で実用的なレシピをご紹介させて頂きます。何はともあれ、今新鮮かつ栄養価の最も高い、旬の美味しい食材をつかったレシピをご紹介します。
 
続きを読む 0 コメント