“タパスとシェリーの究極のマリアージュ”20選

タパスとシェリーの究極のマリアージュ、No.1に選ばれたEnrique Becerra エンリケ・ベセラ (www.vinetur.com)
タパスとシェリーの究極のマリアージュ、No.1に選ばれたEnrique Becerra エンリケ・ベセラ (www.vinetur.com)

セビージャ人とセビージャを訪れた観光客によって、“タパスとシェリーの究極のマリアージュ”トップ20に選ばれた店舗が発表されました。11月1日から17日まで、セビージャの旧市街のガストロノミールート開催後、11月30日に投票が締め切られました。見事得票トップで伝統タパスの殿堂入りを果たしたのは、Enrique Becerra エンリケ・ベセラで、次いで、El Rinconcillo エル・リンコンシージョ、Eslava エスラヴァ、La Alicantina ラ・アリカンティーナ、Las Teresas ラス・テレサスと続きました。投票サイトの www.tapayjerez.com には、合計5万票以上の投票がありました。

 

その他、トップ10には、Bodeguita Casablanca ボデギータ・カサブランカ、Bar Europa バル・エウロパ、Casa Morales カサ・モラレス、Casa Román カサ・ロマン、Casa Robles カサ・ロブレスが選ばれました。続いて、Bodeguita Romero ボデギータ・ロメロ、Modesto Restaurante モデスト・レスタウランテ、Bodega Góngora ボデガ・ゴンゴラ、El Bacalao エル・バカラオ、Antigua Abacería de San Lorenzo アンティグア・アバセリーア・デ・サン・ロレンソ、Taberna Poncio タベルナ・ポンシオ、Los Claveles ロス・クラヴェレス、Taberna La Sal タベルナ・ラ・サル、Bar Estrella バル・エストレージャ、Blanco Cerrillo ブランコ・セリージョがトップ20入りしました。

 

62店舗のうち最も得票のあったEnrique Becerra エンリケ・ベセラは、今回提供されたシェリーの中で最高のワインのひとつにあげられるオロロソに合わせて提供された“アラトリステ”でした。El Rinconcillo エル・リンコンシージョではほうれん草のタパス、Eslava エスラヴァでは豚足のタパス、Bar Europa バル・エウロパではマグロのたたきのニンニクのホワイトソースがけ、Casa Morales カサ・モラレスでは牛ほほ肉のタパス、Casa Robles カサ・ロブレスではシチューが提供され、いずれもトップ10にランクインしました。

 

La Alicantina ラ・アリカンティーナではポテトサラダ、Las Teresas ラス・テレサスでは生ハムと、セビージャのレストランの王道タパスが、マンサニージャに合わせて提供されました。Bodeguita Casablanca ボデギータ・カサブランカでは、フィノに合わせてウイスキー風味のトルティージャが、同じくCasa Román カサ・ロマンでもフィノに合わせてウズラの卵と生ハムが提供されました。

 

ガストロノミールートに参加した62店舗から、セビージャを代表する20店のバルが選ばれ、今後D.O.ヘレス-マンサニージャ原産地呼称統制委員会ではこれらのマリアージュを掲載したガストロノミーガイドを出版する予定となっています。さらに、今回選ばれた20店舗は、セビージャにおいて、D.O.ヘレス-マンサニージャ原産地呼称統制委員会公認のシェリーを飲むのにオススメのバルとして、認知されることになります。

 

シェリーワインは、伝統的に最もタパスに合わせて頂くのに相応しいワインであり、またその逆もしかりです。シェリー、タパスがそれぞれ国境を越え、世界各地で消費者に支持されています。そして、シェリーワイン生産者のつくる、実に多種多様なシェリーワインが存在するおかげで、それぞれのタパス、シチュエーションに最適なシェリーワインが存在するのです。

 
 
[出典 fuente]
www.vinetur.com 2013年12月10日掲載記事
※この記事は、www.vinetur.com の許可を得て掲載しております。
ダウンロード
"シェリーとタパスの究極のマリアージュ"トップ20ランキング
ranking_bares_tapa_vino_jerez_2013.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 183.9 KB